ストレスで起きる病気に効果のあるダポキセチン

ストレスなどが原因で気分が落ち込んだり、やる気があまり起きないので積極的な行動がとれない場合にはうつ病などの病気の可能性があるのですが、ダポキセチンは精神的な病気に対して効果のある薬で、もともとはストレスが原因でうつ病になったり、パニック障害になった場合に処方されていた薬です。ダポキセチンを服用することで、セロトニンが吸収されるのを抑制することができるので、いつでも脳内には一定量のセロトニンがある状態を作ることができます。
パニック障害という病気はセロトニンが減少することで不安や焦りなどを感じてしまって、パニックを起こすものなので、ダポキセチンなどのSSRIの薬によって、治療をすることができます。
ストレスに関しては原因がわからないと根本的な治療をすることができないので、ダポキセチンの服用を続けながら家庭や職場のストレスを少なくする必要があります。
また認知行動療法なども有効な治療法なので、ダポキセチンを服用すると同時に行うことで、社会復帰を早めることができます。
副作用としては射精が遅くなるという障害が多く見られているので、これを利用している早漏の専門クリニックなどもあります。早漏に関しては亀頭への刺激が強すぎると短時間で射精をする病気なので、ダポキセチンを服用することで早漏を改善することができます。
また不安な気持ちなどを軽減することができるので、コンプレックスによってセックスが出来ないという状態を改善することができます。
SSRIには様々なジェネリック医薬品などがあるので、価格や効き目で判断することがありますが、副作用などが出やすい場合があるので、医師や薬剤師に相談ができるようにしておく必要があります。