ダポキセチンやオナ禁で1分で射精しない

射精感を減退させる効果がある

EDに対しての薬はあるものの、早漏に対しての特効薬はほとんどありませんでした。しかし、様々な飲み薬や塗り薬など様々な早漏に効果があるものが世に登場しています。その中の一つに挙げられるのがダポキセチンです。これは射精感を減退させる効果薬です。脳内物質のセロトニンの分泌を促して脳の興奮状態を鎮めることによって、絶頂に達するまでの時間が早くなります。この薬はその興奮を抑えて脳をリラックスさせることで絶頂に達するまでの時間を長引かせることができます。性行為の前に服用するだけのもので、副作用に関してもさほど心配するものではありません。

まずはオナニー時に試してみる

ダポキセチンの効果は本当かどうか気になる方もいるでしょう。確かにダポキセチンの効果には個人差がある為、まずはオナニー時に使用してみて試してみてはいかがでしょうか。用法用量をしっかり守って使用すれば、多くの方に効果があるものであるのは間違いありません。オナニー時に使用して確かな効果を実感できた時には、実際にSEXをする時に使用することができるはずです。早漏という男性にとってのゆゆしき問題に対しては、ダポキセチンが効果的です。1分で射精してしまうような早漏も改善ができます。

オナ禁が早漏防止に繋がる理由とは

オナ禁をすると射精するのが早くなり、むしろ早漏の問題がより深刻になると認識されている方は多数いるでしょう。しかし、オナニーが早漏の要因となっている方も多いのが事実です、オナニーの時の刺激に慣れ過ぎてしまうと、SEXの時の刺激では満足できなくなり、どうしても射精しやすい体位を選択しがちです。これも早漏に繋がることであり、改善していかないといけません。オナ禁をすることによって、SEXの刺激に慣れるようになって早漏防止になります。