日本で早漏治療するなら手術!?

日本で早漏治療するなら手術が一般的になります。
海外の場合は、医薬品としての早漏治療薬が販売されていますが、日本ではこれらの医薬品は承認されていないため、医療機関やドラッグストアなどで手に入れることはできません。

早漏は、物理的な要因と心理的な要因に大きく分けられます。
物理的な要因の場合は、包茎だったり、亀頭や陰茎の皮膚が敏感で刺激に弱いなどの原因が考えられます。
これらの物理的要因の場合は、手術や注射による治療で早漏を改善する効果が期待されます。

具体的には、包茎の人には包茎手術を行います。
包茎の人は、普段亀頭が包皮で覆われているため、包茎でない人と比べると皮膚が刺激に弱い状態となっている人が少なくありません。
そのため性交時には強い刺激となって早漏になりがちになってしまいます。
包茎手術を受けることによって亀頭が常に露出した状態となるため、刺激に強い皮膚となる効果があります。
また、亀頭が刺激に弱い場合は、注射によって亀頭を強化したり増大させる治療が行われます。
同様に陰茎の場合も注射によって陰茎全体を増大させる治療法があります。

早漏の物理的要因がない場合は、ストレスやコンプレックなどからくる心理的な要因が考えられます。

早漏治療薬ポゼットを国内で買えない理由

早漏治療薬ポゼットは、海外の製薬会社で製造されているジェネリック医薬品です。
早漏を改善する効果のあるポゼットは多くの国で販売されている医薬品の一つですが、日本国内では買うことができません。
国内で買えない理由は、国からの承認を受けていない医薬品だからです。
日本では厚生労働省の認可を受けないと医薬品を販売してはいけない決まりになっています。

ポゼット以外にも海外で承認を受けながら、日本で承認されていない医薬品は多数あります。
それらを入手するには個人輸入と言う方法があります。

日本の法律では、個人使用に限定した場合、医師の処方せんや診断がなくても個人輸入の規定領内であれば購入を認められています。

早漏治療薬ポゼットはタボキセチンと言う成分が含まれていて、脳の神経伝達物質であるセロトニンやアドレナリンに働きかける作用があります。
セロトニンやアドレナリンに作用することによって射精中枢の興奮を鎮めることが出来、射精を遅らせる効果が期待できると言うものです。

ポゼットは錠剤タイプになっていて、性行為の1時間ほど前に服用することで効果が現れます。
服用は1日1回までとなっています。
医薬品の個人輸入の場合は自己責任の元で服用となるため、使用方法を守ることが重要です。